地下鉄「名古屋駅」1番出口を出て右隣のビル。 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-45-10川島ビル4階
名駅歯科の目指す入れ歯作り
  • 代表症例1

    上下全体に見た目、咬むことが崩壊して困った患者さん

  • 代表症例2

    古くて大きな義歯を快適な義歯にした患者さんの症例

  • 代表症例3

    一番奥の2,3本の歯がなくて調子が悪い患者さんの症例

  • 代表症例4

    バネの金属が見えない義歯(審美義歯)を入れたい患者さんの症例

  • 代表症例5

    悪い歯を抜いたらすぐに義歯を入れないと困る患者さんの症例

  • 代表症例6

    根を利用して磁石義歯をいれたい患者さんの症例

  • 代表症例7

    総義歯を入れたい人の症例

各入れ歯の説明
入れ歯の代表症例1

Top Page > 入れ歯の代表症例と解説 > 代表症例1

入れ歯の代表症例1

この症例の一般的な治療前の状態と特徴

食べること、話すこと、見た目のすべてがほとんどどうしようもなくなり、いよいよ毎日の仕事、日常生活にも支障をきたし、困り果てて来院する患者さんのケース。(私どもはこのようなケースを口腔崩壊度第一級の患者さんと表現しています)

口腔崩壊度第一級の患者さんの治療法は、まず多くの抜歯予定の歯を抜く前に型をとり仮義歯を作り、抜歯する歯を抜いたらすぐ装着できる仮義歯を1週間ほどでつくり本義歯を入れる間に歯や歯ぐきの治療をします。 不完全でも今までの入れ歯が使えそうな場合は修理しながら新義歯ができるまでなんとかつかいます。

このような患者さんには、以下のような特徴があります。

  • 年齢は40~50歳代。若いころから歯に悩んできた。
  • 上下全体に徐々に歯がなくなってきた。
  • 残った歯や歯ぐきもムシ歯があったりグラグラしており、咬むと痛いことが多い。
  • 入れ歯のバネのかかった歯が痛かったり、ピッタリしてないので咬むと歯ぐきが痛い。
  • 最近はいよいよ前の歯や前の歯のブリッジが外れたり、外れそうになり、入れ歯も外れやすく口も大きく
  • 開けれなくなってきた。

  • 元々痛がりであるのと、このような状態の歯をどのように治療したらよいのか見当もつかない。
  • 特に前の歯や奥の歯に何本もの悪い歯があり、もしその歯を抜いたら入れ歯が入るまでの間、
  • 歯がなくてどうなるのだろうかなどと一人で思い悩んでなかなか受診できない。


治療

まず仮義歯をつくるか、古い義歯を修理し、日常生活に支障をなくす。 抜歯・義歯修理・ムシ歯・歯ぐきの治療を進め総合的な治療が済み歯ぐきが固まった頃最終義歯をつくります。金属床義歯、コーヌス義歯(茶筒式義歯)、審美義歯、磁石義歯から選択、または併用して(金属床義歯と審美義歯、磁石義歯の併用、審美義歯と金属床義歯と磁石義歯の併用など)最終義歯を装着します。 しかしこのように思い悩んだ人も思い切って治療を決意し真剣に通院し徐々に口腔機能が回復するに従い、まず皆さんは「こんなに楽になるのなら早く受診すればよかったと言います。


入れ歯の代表症例1 その他のページ

当頁 > 次頁 Nさんの症例(50歳 男性) > 次々頁 Aさんの症例(54歳 女性)